仮想通貨入門編ブロックチェーンとはなにか

ブロックチェーン

仮想通貨を語るうえで欠かせないものといえばブロックチェーンと言えるでしょう。入門者でもわかるように簡単に説明するとブロックチェーンは仮想通貨の取引履歴となっています。誰から誰に通貨を送ったのかが一目瞭然となっているので不審な取引がある場合、それを割り出すことも用意です。

しかも利用している人たち全員が自由に確認できる、過去の取引にまで遡って確認できるメリットも持ちます。データが保管されている場所は1つの場所ではなく、ネットワークに参加している人全員にコンピュータに分散される仕組みです。

もし取引のデータ改ざんや変更をするとなると、実質的には実行不可能になるので安全性は極めて高くなっています。データが鎖のようにつながっていることからブロックチェーンと呼ばれているのです。実際にデータを確認したい時は専用のサイトがあるので使うといいでしょう。

仮想通貨は安全性の高さからも資産運用として用いられています。