余裕を持って投資する

給料

仮想通貨は投資の一種なので、ある程度の収入があることが望ましいです。しかし、アカウントを作成するためにはメールアドレスだけで足り、本人確認についても免許証などの身分証明書が確認できればよいので、実質的には審査はほとんどありません。無職の人でも取引を始めることができます。

仮想通貨へ入門する時、ある程度は余裕のある給料をもらっていることが理想です。生活がギリギリの人が生活費をかけてまで仮想通貨の取引をすることはおすすめができません。月に1万円くらいでも余裕があるなら、トレードを繰り返してお小遣い稼ぎをすることが可能です。負けてしまう可能性もそれなりに高いので、気をつけておきましょう。仮想通貨のトレードには億単位の資産を持っている投資家も参入しています。

相場を動かすことができるだけのお金を持っている人のほうが有利です。大きなお金を持っていない人は相場を動かす力はありませんので、チャートをよく見て、トレンドにのることが大切です。