不正防止 暗号化技術の仕組み

暗号化

仮想通貨はインターネット上で電子的なデータとして受け渡しすることができる“仮想”の通貨です。仮想通貨の世界でははあたかもコインがあると仮定して送金を行いますが、実際は一定の規則に従って記述される文字列に過ぎません。取引記録はブロックチェーンと呼ばれるデータに格納され、誰でも自由に閲覧することができます。

そのため、誰かが不正にブロックの情報を書き換えてコインの偽造や盗難などの不正行為を行う事も考えられます。

仮想通貨の入門者であれば、自分のコインが偽造・盗難の被害に遭うことを不安に感じるかもしれません。仮想通貨ではブロック内のデータを暗号化することで、不正に取引内容が書き換えられるのを防いでいます。ブロックチェーンでは、公開鍵暗号方式と呼ばれる暗号技術が用いられています。公開鍵暗号方式では暗号化のみを行うための公開鍵と、公開鍵で作成した暗号を復号化するための秘密鍵の2つの鍵が存在します。

コインを送金してもらう場合には自分用の公開鍵(受取用アドレス)を相手に教えて、コインを暗号にしてもらうことで受け取ることができます。

受け取った暗号(コイン)の復号化(送金)ができるのは、その公開鍵に対応する秘密鍵を持つ人(コインの持ち主)だけです。これにより、コインの所有者だけが所有する数量のコインのみを送金(自分の秘密鍵で復号化して、送金相手から受け取った公開鍵で暗号化)することができます。