仮想通貨入門-分散化技術と取引時間

分散化技術

仮想通貨入門者が必ず押さえておくべき知識として、ビットコインなどに利用されているブロックチェーンのシステムがあります。ビットコインなどの仮想通貨では、各アカウント内の残高や取引の情報はブロックチェーンのデータ内に格納されています。世界中でマイナーと呼ばれる人々のコンピュータによって、ブロックチェーンへの記帳や偽造防止のためのチェック作業が行われています。

取引の管理を特定のサーバーではなく、多くのコンピュータで分散して行うため、「分散化技術」と呼ばれています。

銀行預金や従来型の電子マネーであれば、銀行や運営会社のホストコンピュータだけで取引台帳が管理されていますが、仮想通貨には特定の管理者が存在しません。分散化技術を利用する仮想通貨では、サーバーメンテナンスや台帳を管理するコンピュータのトラブルなどが原因で取引が停止することがありません。

分散化技術のおかげで夜間や休日でも常に仮想通貨取引が可能で、システムが停止することはありません。そのため、夜間や休日、年末年始でもビットコインの決済や売買取引が可能です。