仮想通貨の入門と電子的な取引

電子的

仮想通貨というと、どのようなイメージを持つでしょうか。インターネットを利用した通貨のことで、携帯などを使って取引ができる電子的なマネーと言えます。ただし、電子マネーのようにある国に依存した通貨ではなく、管理元がないのが仮想通貨の最も特徴的な部分です。

すべてがネットワークによって管理されていて、支払いなど取引についての記録も、電子的なデータとして残ります。より入門的な説明をすると、電子マネーは円やドルといったお金をもとに発行されるお金です。第三者に対しての支払いに使用することは出来ず、一度電子マネーにすると元に戻すことができません。

店頭などでの支払いを、スムーズに行うための仕組みとして存在するものと言えます。それに対して仮想通貨は、物として実在はしないものの通貨としての性質を備えています。支払いや交換をすることが可能で、円やドルのように通貨としての単位を持っています。また相場が存在するため、レートが日常的に変動しています。